将来を考え高校留学でネイティブレベルになる

高校留学の費用面に関して考える時に頭に入れておきたいのが、耳や舌など体がまだ成長過程にある状態で、英語の社会に入っていくので、そこで3年間も生活すると音の理解や発音面においてネイティブレベルになれる可能性が高いということです。

個人差はありますが、これはたった数年後の大学や社会に出てから年間300万円を使い語学留学したとしても追いつけるレベルではありません。まして、日本で英会話スクールに何年間もかけて通ったり、英語教材で日常的に学んでも、そのレベルになることは通信教育でサッカーを学び代表選手になるぐらい不可能に近いことです。複数年、高校留学をすると高い確率でネイティブレベルの英語を手に入れられます。

仮に年間250万円、3年間で750万円かかったとして、グローバルな社会に出て働く期間はおよそ40年間あるわけですから、年間19万円弱のコストということになります。社会人になって英語力が必要になった時、年間19万円でネイティブ並みの英語力が身につけられるとなれば飛びつく人は多数います。その能力を使い外資に行き、給与がアップしたり、昇級試験が楽にクリアできたりするようになるなど、ネイティブレベルの英語力を身につけられるとメリットは非常に大きいです。

高校留学で得られるものの中で語学面というのはほんの一部に過ぎません。複合的に考えてみても、高校で留学する場合のコストパフォーマンスは極めて高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です