高校留学の渡航時期と学校選び

アメリカの高校は日本の中学3年生から高校3年生までの4年制です。
これに合わせると日本の中学2年生終了時期から高校留学に向けて渡航できることになります。また、中学卒業、高校1年生、2年生の終わりからでも問題ありません。ただし、帰国子女枠で日本の大学に進学する可能性を残すのであれば、日本で言う高校2年生から現地の高校に入る必要があります。

多くの高校留学のプログラムでは、日本で終えた学年から再度始めるようになっていますが、プログラムによっては次の学年からスタート可能です。たとえば、中学校卒業で9年生ですが、10年生からスタートすることもできます。ただし、成績によってはこの限りではありません。また、高校留学に関してはあまり頑張って高いレベルの学校を選ばないほうが無難です。

多くの学生が名門大学に進学する学校に入ることができると聞けば、当然心が揺らぎますが、もし、そこで授業がついていけないとなれば、学校側のサポート体制が整っていなければ本当にどうしようもない状況に陥ってしまいます。語学力がままならない高校生レベルではリカバリーが難しいということです。これは、日本の外部スタッフが関与しても、簡単に解決できることではないので、信頼できる学校選びが大前提となります。

信頼できる学校とは、留学生特有の問題を学校側が共有し、問題が疑われる場合にはすぐにその芽を摘んで、問題が大きくなる前に解決へ誘導できるような体制が確立されているところです。加えて、エージェント選びにも気を配ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です