日本の大学から、負担を抑えて大学留学

大学留学をする場合、直接海外の大学に留学しなくても、日本の大学に入学し、大学内のプログラムを使って、海外大学の講義を受講することができます。
多くの日本の大学では、海外の大学と協定を結んでおり、大学間での生徒の留学プログラムを作っています。
海外からの留学生を受け入れ、同時に国内から特定の海外の大学へ留学生を送るプログラムです。
国公立大学、私立大学共に留学プログラムを持っているところは多いので、ホームページや大学事務所で、一度調べてみるといいでしょう。

大学によって留学期間はまちまちですが、夏期休暇、冬期休暇中に1ケ月前後留学する短期プログラムや、1年間を通して留学する長期プログラムがあります。
国内大学内からプログラムによって大学するためには、大学内で定められた条件を満たしている必要があります。
留学前に、指定されただけの単位を取得していなければならない大学もありますし、規定された外国語能力を有していることを、証明しなければいけない大学もあります。
自分で大学留学をするより、費用は安価ですむ可能性はあります。
所属している大学が、留学先での授業料を負担したい、助成金を出してくれる場合もあります。
留学先によって、全額自己負担か、大学が負担してくれるか分かれます。
大学留学は、全額自己負担で行うと、生活費も含んで年間数百万円が最低限必要になる国もあります。
日本の大学の制度をよく学んで、負担を少なくして、大学留学することも視野に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です