大学留学を経験して人生の幅を広げる

小学校や中学校の頃は多くの場合親や周囲の意向で進路が決まったリ、地域の学校に進学をするという場合はほとんどでしょう。
しかし、成長するに従がって、自分は一体何が好きなのか、何をしたいのか、自分の人生で必要となる能力は何かを考える機会は否応なく増えますし、自分の意思で進路を選択しなければならない時期は必ずやってきます。
大学生になると、親や周囲の意見やアドバイスももちろん聞きながらも自分の意思で今後の進路について決めていくことになります。

その点において、自分で大学留学をすると決めた学生は他人に言われて渡航する訳ではないので、勉強に対する向かい方も違います。
自分の意思で渡航したからには明確な目的があるはずです。
語学が堪能になりたい、日本では学べない技術や専門科目を学びたい、世界中から集まってくる色々な学生に出会ってみたい、など目的は様々ですが、海外で多少壁にぶつかっても自分の意思で来た人はすぐに挫折することはありません。

大学留学では語学を学んだり、世界の中でも最先端の専門技術を学ぶことももちろん重要ですが、日本人とは考え方が根本から異なる世界中から大学留学をしてきた留学生の価値観に触れることは今後ビジネスマンとして国際社会に出た際に自分の強みになります。
日本では当たり前だと思われていることが世界の常識ではないことは多くあります。
そのことに気が付けるチャンスを得るだけでも、大学留学をする価値はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です